広島市安佐南区🎹ピアノレッスン

プロフィール

 
  2021/03/18
初めまして。横山美和です

こちらはわたしのプロフィールです♪

少し長いですがお読み頂けると嬉しいです(*^。^*)

 

幼少期

2歳:歌が好き

わたしは、歌うことが大好きな子どもでした。

幼いころのホームビデオは歌っている映像ばかり。

祖父は民謡を習っていて、家にもカラオケセットがあるくらい歌うことが大好きな人なのでその影響でしょう。

最初に覚えた歌は岩手民謡「ちゃぐちゃぐ馬こ」…(;^_^A

 

4歳:ピアノに出会う

ピアノを習い始めたのは4歳。

母が習わせたいと思ったようで、ご近所にいらっしゃる先生のところへ通い始めました。

 

しかし、この頃の記憶はほとんどない…Σ(゚д゚lll)

 

母も付き添っていたので、ある程度練習していたのでしょうが、ピアノが好きで好きでたまらないということはなく、弟たちを引き連れて、お外で遊んだり、歌うほうが好きでした。

 

でも、早い段階でアップライトピアノを買ってもらったので、その時は一時的によく練習していたような気がします。

 

6歳~9歳:闇の3年間、練習しない劣等生

小学校に上がるころになると、母の付き添いはなくなりました。

 

ここから闇の3年間の始まり…(# ゚Д゚)

 

ピアノが嫌いなわけではないのですが、なんせ練習が大嫌い‼

レッスン前に慌てて少し練習する、お決まりの劣等生。

 

当然レッスンでは怒られてばかり、ある日しびれを切らした先生に自宅まで来られ

「もうお辞めになった方がよろしいのでは?」と言われるほど。

 

しかし、ピアノを辞めればピアノは売られるΣ( ̄ロ ̄lll)

 

それは阻止せねばいけませんので、続けるしか道はありません。

先生の激怒の後は、しばらく練習するのですが、打たれ強い?わたしはそれにめげず練習しない←(しろよ‼)

 

これが約3年続く…

 

9歳:初めての発表会

発表会デビューが遅いわたし。

9歳の時、ようやく発表会に出れることに‼

リヒナー 「舞踏の時間に」

幼稚園生でも弾ける簡単な曲ですが、わたしは発表会に向けて猛練習。

 

そして、迎えた当日

母に黄色い花柄のワンピースを買ってもらい、大きな舞台で演奏。

今まで味わったことのない高揚感、達成感を感じ、とっても楽しかったことを今でも鮮明に覚えています。

 

10歳~14歳:ピアノが楽しい

発表会後、わたしは別人のように練習するようになりました!

人間、いつ何がきっかけになるか分かりませんね??

 

今までが嘘のように、教本がどんどん終わり、小学校卒業時にはショパンのワルツやシューベルトの即興曲など弾けるレベルまでになりました。

 

中学ではバドミントン部に所属し、学業と両立しながらピアノを続けていましたが、幼いころからお世話になった先生と時間的に合わなくなり、先生を変わることになりました。

 

先生には、劣等生時代からお世話になり大変感謝しています。

 

14歳:進路

先生が変わったのは中2の冬。

丁度そろそろ進路を決めないといけない時期でした。

ピアノは相変わらず細々と続けていたのですが、学業も忙しくなり以前のように練習はできませんでした。

そんな時、先生に

「志望校はどうするの?音楽高校に興味はない?」

と言われたのです。

「音楽高校???」

存在すら知らなかったのですが、調べれば調べるほど、ワクワクして「行きたい!」と思ったのです。

国際科の学校を希望していましたが、一気に方向転換‼

 

広島音楽高校の受験が決まり、見事合格したのです。

 

15歳~18歳:音楽高校時代

音楽高校は一学年60人程度の小さな学校です。

それまでわたしなりにピアノを頑張ってきたつもりでしたが、上手い人たちがゴロゴロいる世界。

 

正直最初は後悔もしました。

一時期練習もほとんどしていなかった…

 

でも、学校生活は楽しく、皆でワイワイできたこの時期はわたしの青春です。

 

時は経ち、高校3年生。

また進路を決める時期に差し掛かりました。

 

当初県外の大学を希望していましたが、ある先生の出会いで、今までの価値観、演奏技術、すべてが覆されたのです。

 

今まで、何となく続けたピアノですが、初めてこの先生に付いて勉強したい、ピアノを本気でやってみたい」と思ったのです。

 

わたしは、県内の短期大学へ進学しました。

 

正直、学歴を考えれば、県外4年生大学が望ましかったのでしょうが今でもこの選択に後悔はありません。

 

18歳~24歳:大学時代

短大の2年間は本当によく練習しました。

 

コンクールもたくさん受け、いくつか最高位も頂きました。

この2年間がなければ今のわたしはない、と思うくらい大事な2年間です。

その後、指示した先生が県内の4年制大学で指導されることになり、わたしもエリザベト音楽大学3年次に編入学。

 

エリザベト音楽大学での2年間は、挫折の多い2年間でした。

少し燃え尽き症候群のような感じ…

短大時代、あまりにも猪突猛進しすぎたのか、やる気がまったくなくなってしまったのです。

 

実は編入学した頃から、ご縁が合って「被爆ピアノのコンサート」に度々出演させて頂く機会があり学業よりも力を入れていました。

結果、卒業後も定期的にコンサートに参加させて頂き演奏する楽しさを知ることができたので良かったと思います。

 

24歳~:ピアノとともに生きる

大学卒業後、一般就職はしませんでした。

 

学生時代からレッスンを始め、【レッスン、演奏者、伴奏者】として活動していく道を選んだのです。

 

収入が安定しないのは承知の上で了承し応援してくれた両親には感謝しています。

 

20代は、来るもの拒まずで仕事を受け、忙しい毎日でした。

それでも好きなことができている環境に満足‼

  • 自宅教室の開設
  • 音楽研究所の立ち上げに携わり、県内外で室内楽の演奏会を主催
  • オペラのコレペティ

 

しかし、30代に差し掛かった時、猛烈な不安感、このままで良いのかという気持ちが沸き上がり、いったんピアノから離れることにしました。

 

ここで一般の会社に就職することに

 

しかし、やりたくないことを続けることほど苦痛なことはない。

お恥ずかしい話しですが、体調を崩し辞めざる終えませんでした。

 

ただ、ピアノから一度離れたことは本当に良かった。

狭い世界しか知らなかったので、就職してみて勉強になったことがたくさんありました。

 


 

現在、わたしはピアノレッスンを中心に活動しています。

発表会

広島市安佐南区ピアノ教室

日々、レッスンで出会える生徒さんたちとピアノを学ぶ中で、まだまだ足りないことを実感することも多いですが、ピアノを通して私自身も成長させられています。

 

新しい技術を身に付ける自己研鑽、指導法の勉強、オンラインレッスンやブログなどの配信…

 

今は100歳までピアノを弾き続け、ピアノを通して毎日ワクワクしながら生きることが目標です。!(^^)!

広島市安佐南区横山美和ピアノ音楽教室

 

 

経歴

広島音楽高校、広島文化短期大学(現広島文化学園大学)、エリザベト音楽大学卒業。 短大在学中、定期演奏会、卒業演奏会に出演。第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞。第15回全日本ソリストコンクール優秀賞受賞。 第2回エリカ・ディヒラープライス西日本ピアノコンクール入賞。
2015年まで音楽研究所ミュージック・ラボ幟町代表を務め、ピアノとヴァイオリンのための室内楽作品の研究、演奏を行う。取り上げた作品は70曲以上。また、被爆ピアノのピアニストとして全国各地で演奏を行うなど県内外で多くの演奏会に出演。

 

 

 

横山美和のプライベートなこと

🎹好きな食べ物:アボカド 油揚げ フルーツ ソフトクリーム 

🎹嫌いな食べ物:グリンピース 牛乳 生クリーム

🎹長所:人見知りをしない 早寝早起き(21:00就寝 5:00起床)

🎹短所:飽きっぽい 好き嫌いが激しい 早口

🎹好きなこと:旅行 料理 読書 お花 美味しいものを食べる ウォーキング

🎹嫌いなこと:単純作業 テレビ 

🎹好きな作曲家:バッハ ベートーヴェン ブラームス

🎹モットー:明日死んでも後悔しないようにhappyに生きる!

🎹好きなタイプ:器の大きな人 笑っている人、努力する人

🎹嫌いなタイプ:自分のことしか考えない人 掃除が出来ない人 嘘をつく人

 

 

 

 

 

 

Copyright© 横山美和ピアノ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.