広島市安佐南区♪ピアノレッスン

子供のピアノ曲がなかなか仕上がらない。考えられる3つの原因とは?

2021/07/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴17年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。お花屋さん、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

こんにちは。広島市安佐南区❛GRIT❜ やり抜く力を育てるピアノ教室 横山美和ピアノ音楽教室です♪

  • 毎日弾いてもなかなか曲が仕上がらない
  • もう3か月も同じ曲を弾いている
  • 自分で譜読みができない

子供のピアノ練習に頭を悩ませているご両親は多いのではないでしょうか?

 

毎日練習しているのに、どうして弾けるようにならないのか?

それは練習のやり方が間違っているのかもしれません。

 

今回は、なかなか曲が仕上がらに子供についてその原因と対策をお話しします。

 

子供が練習しているピアノ曲が仕上がらない原因

ピアノの曲が仕上がらない原因

何年もピアノを習っているのに1曲仕上げるのに時間がかかる、譜読みが一人で出来ない。

そんな子供を多く見てきました。

原因はたくさんありますが主にこの3つ!

  1. 練習時間が少ない
  2. 楽譜の読み方が分からない
  3. 練習の内容がよくない

 

ピアノ練習時間が少ない

「毎日練習していません」

これでは弾けないのは当たり前ですね(;^ω^)

 

しかし、意外と見落としがちなのが、毎日弾いているけど、曲と練習時間が見合っていないということ。

 

例えば、今週の課題が次の内容だったとしましょう。

 

・ハノン5番
・スケール3つ
・ブルグミュラー せきれい
・バッハ メヌエット

この課題を熟すためにどれくらいの時間が必要だと思いますか?

 

10分?30分?1時間?

 

もちろん、年齢やスキルによって変わってきますが、最低でも30分は必要です。

なかなか弾けないとお悩みの多くの子供が圧倒的に練習時間が足りていません。

 

上記の課題を、ただ一回通すだけなら10分でできます。

しかし、それは練習とはいえません。

 

練習とは、弾けないところを弾けるようにしていく作業です。

まず、課題に対して適切な練習時間が取れているか今一度確認してみましょう。

 

その上で、課題の量が多いと感じるなら先生に相談してみて下さい。

子供にとって無理なく進められる量を考えて頂きましょう。

 

【対策】

①一週間の練習時間を書き出す
②少ないようなら増やすことが出来るか検討
③練習時間が増やせないのであれば、課題を減らしてもらう

 

楽譜の読み方が分からない

次に、譜読みが遅い、ミスが多くて仕上げに時間がかかる場合です。

 

これは「読譜力」がないということが原因。

 

楽譜を読むために最低限必要なことは↓

  • 音が読める
  • リズムがたたける
  • 指番号の理解

だと思います。

 

それに加えて、楽語や理論、身体の使い方、音の聴き方、歴史…などもっと多くを知る必要があります。

 

しかし、まずは最低限の3つをしっかり身に付けること。

 

楽譜の読み方が分からなければ、練習も出来ませんね。

 

子供の理解度がどれくらいなのか?

今練習している課題は子供の理解度と合っているか?

 

把握する必要がありますね。

 

なんとなく耳コピで練習していると、いつまでたっても楽譜を読むことが出来ずピアノが嫌になるかもしれません。

読譜力が乏しいと感じるのであれば、早い段階でもう一度「基礎」をやり直す方が近道な場合もあります。

 

【対策】

①音が読めているか?
②リズムがたたけるか?
➂指番号の認識は出来ているか?
④理解度の低い要素を再学習する

 

ピアノ練習の内容が良くない

読譜力もある、練習時間も確保できている。

でも、なかなか曲が仕上がらない…(-_-;)

 

それは、「練習内容」に問題があるかもしれません。

 

30分の練習内容はどのようなものですか?

よくあるのが、「ただ最後まで弾く」

 

止まっても、つっかえても最後まで弾くになっていないでしょうか?

実は通し弾きをしても、弾けるようになるには相当な時間がかかります。

最悪の場合、止まらず弾けることが出来ない…な~んてこともΣ( ̄ロ ̄lll)

 

ではどんな練習が良いのでしょう?

 

それは…

  • 弾けないところだけをピックアップして練習する。
  • 新曲を譜読みする場合は、1フレーズずつ分けて練習する

 

とにかくスモールステップで練習する方が断然仕上がりが早いのです!

子供はどうしても最後までどんどん弾きたくなりがち…(;^ω^)

 

でも、「今日はここまで!」と区切ってあげることで、少ない練習でも大きな成果が得られるのです。

 

【対策】

①通し弾きをしていないか?
②1フレーズ(4小節~8小節)に区切って譜読みする
➂弾けない個所を選んで練習

 

子供のピアノ練習は計画が必要

親子でピアノ練習計画を立てる

子供に練習を任せっぱなしにすると、せっかく練習していてもその内容が上達に伴ってない場合があります。

できれば、週初めに一緒に計画を立てる、現状を把握するなど、ご両親が積極的に関わることで上達度合いは格段にあがってきます。

「練習しなさい!」と注意するよりも、一緒に考えようと寄り添うことで子供のやる気もUPするのではないでしょうか。

 

子供のピアノ曲がなかなか仕上がらない。考えられる3つの原因とは?:まとめ

今回のポイント

1 子供が練習しているピアノ曲が仕上がらない原因
2 ピアノ練習時間が少ない
3 楽譜の読み方が分からない
4 ピアノ練習の内容が良くない
5 子供のピアノ練習は計画が必要

せっかくピアノを習うなら、より良い練習方法を身に付け、楽しくピアノが弾けることが大切ですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴17年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。お花屋さん、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

Copyright© 横山美和ピアノ音楽教室 , 2021 All Rights Reserved.