広島市安佐南区♪ピアノレッスン

わたしが毎月ピアノレッスンを受ける理由

2023/01/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高等学校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。特に5年に渡りヴァイオリン奏者の井後勝彦氏とヴァイオリンとピアノのための作品を研究し演奏。取り上げた作品は80曲に及ぶ。 4歳からピアノを始め、指導歴20年。 本屋巡りが大好き。最近、珈琲党から紅茶党に変わり、日々美味しい紅茶を探しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。広島市安佐南区 横山美和ピアノ音楽教室です。

わたしは毎月1回、ピアノレッスンを受けています。

そう話すと「先生もレッスン受けるの~!」と驚かれることもありますが、「ピアノに終わりなし!一生勉強続けるものなのよ」と伝えています。

しかし、大学を卒業して10年以上定期的にレッスンを受けていたわけではありません。ほぼ、毎月レッスンを受けるようになったのは実はここ数年です(-_-;)

今回は、なぜわたしが毎月ピアノレッスンを受けるのかについてお話しします。

 

音楽大学卒業後のレッスンの受け方

大学卒業までは、毎週1度なんなら2,3度レッスンを当たり前のように受けていました。

その時は、毎週あるレッスンの準備に追われ、それがストレスになり休んだり、全然準備せずにレッスンを受けたりと、先生に対して大変失礼な態度をとっていたなと反省します。

今考えればとても恵まれた環境だったはずなのに、それを当たり前と思っていてありがたさに気付けなかった自分が情けない…

 

卒業後は本番前などに、レッスンをお願いすることはありましたが、それも年に数回程度。その後だんだんフェードアウトし、10年以上レッスンを受けることなく過ごしていました。

もちろん、ピアノ講師の仕事、演奏の仕事、どちらも弾けないとお話しになりませんので、練習は続けていました。

しかしある時、それに限界を感じてしまいピアノから離れてしまう時期が数年…実は、もうこのまま辞めちゃうだろうなと思っていました。

 

なぜピアノレッスンを再開したのか?

「もう、ピアノをやめよう」

実は、30歳から数年会社員として全く違う仕事をしてたのですが、結局ピアノを諦めきれず、会社員を辞めてまたピアノの仕事を再開しました。

しかし、数年弾かずにいたツケは大きく、あまりの弾けなさに驚愕、そして、そんな自分にがっかりしたのです。

「ピアノを仕事にするのであれば、もっと勉強しないといけない」

「弾けないわたしが人様に指導するなんてありえない!」

改めてそう思ったのです。

 

最初は、スケール、アルペジオの基礎練習、チェルニー30番、バッハのインヴェンションなど簡単な曲を丁寧にさらいなおしていました。「三つ子の魂百まで」と申しますが、毎日コツコツ練習していれば1ヶ月くらいで感覚は戻ってきました。

でも、なんだか限界…これ以上一人で練習していても迷宮入りするだけじゃないかと不安に。

そんな時、以前から気になっていた「ロシアピアニズム」を継承されている先生のブログを発見!「これだ」と直感で思い失礼を承知で、即効連絡。

先生は大阪にお住まいでしたが、快く対応して下さり翌月にレッスンをお願いして大阪へ向かいました。

 

先生のレッスンは本当に目から鱗で、久々に受けるレッスンが楽しくてしかたありませんでした。

「大阪まで来て本当に良かった(*’▽’)」感動と興奮で帰宅したことを今でも鮮明に覚えています。

この時、運命の出会いをした先生に今でも指導をお願いしています。

一時期、体調を崩しお休みしたり、コロナ禍以降はオンラインレッスンでお願いしていますが、先生はわたしの救世主!この時思い切って連絡して本当に良かったと思っています。

 

毎月レッスンを受けるメリット

ピアノレッスンメリット

現在、月に1回オンラインでレッスンを受けています。

本当は対面で受けた方が学びも多いのですが、コロナのことや大阪までの費用のこともありオンラインでお願いしています。

練習時間がなかなか取れず、昔みたいにバリバリ弾けるわけではありませんが、レッスンを受ける前と比べて確実にピアノが楽に弾けるようになりました。

最後に、わたしが毎月レッスンを受けてみて良かったこと、メリットについて考えてみました。

  • 練習するモチベージョンが保てる
  • 学ぶ楽しさを感じれる
  • 人前でまた演奏したいと思うようになった
  • レッスンを受けることで、生徒の気持ちに寄り添えるようになった

メリットを上げればキリがありませんが、上記4つが一番強く感じるメリットです。

 

月1レッスンという節目があることで、練習嫌いのわたしが波はありますが毎日ピアノを練習しています(←当たり前)

いくつになっても学ぶ、勉強するって面白い!新しい発見や疑問を持つことに尽きることはありません。

しばらく、人前で演奏することから離れていましたが、コンクールや発表会(師事する先生主催の会に参加しようと思っています)

レッスンを受けることで、指導者として幅が広がりました。生徒の立場になることで彼らの気持ちに寄り添えるようになりました。

 

今後も月1レッスンは継続していくつもりです。今年はコンクール、発表会参加に向けて、対面でレッスンを受けることを目標に今日も練習に励みます。

 

わたしが毎月ピアノレッスンを受ける理由:まとめ

まとめ

1 音楽大学卒業後のレッスンの受け方
2 なぜピアノレッスンを再開したのか?
3 毎月レッスンを受けるメリット

この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高等学校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。特に5年に渡りヴァイオリン奏者の井後勝彦氏とヴァイオリンとピアノのための作品を研究し演奏。取り上げた作品は80曲に及ぶ。 4歳からピアノを始め、指導歴20年。 本屋巡りが大好き。最近、珈琲党から紅茶党に変わり、日々美味しい紅茶を探しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 横山美和ピアノ音楽教室 , 2023 All Rights Reserved.