広島市安佐南区🎹ピアノレッスン

ピアノ教室に子供は何歳から通えるか?年齢別にみる効果を検証

2021/02/12
 
子どものピアノはいつから?
この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴17年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。お花屋さん、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

こんにちは。広島市安佐南区❛GRIT❜ やり抜く力を育てるピアノ教室 横山美和ピアノ音楽教室です♪

 

つねに子どもの習い事ランキングで上位に入るピアノ。

ぜひ我が子にも習わせたいと思う親御さんも多いはずです。

 

ではピアノレッスンを始めるタイミングはいつが良いのか?

ピアノを習うメリットは?

 

私は17年の指導の中で6歳までがベストだと実感しています。

今回はなぜ6歳までがベストなのか、年齢別に期待できる効果をまとめてみたいと思います。

 

ピアノを2歳で始める【絶対音感】

一般的には3歳~4歳くらいで始める方が多いように感じます。

それは

  • 2歳ではまだピアノを弾く力がないこと
  • ピアノの前にじっと座っていられないこと、
  • 数字、左右の認識ができないこと

などが考えられます。

 

しかし絶対音感を身につけたい場合はこの年齢がベスト。

 

なぜなら、耳の発達は年齢が早ければ早いほど良いとされているからです。

また、絶対音感が身につくことにより、脳がバランス良く、発達するとも言われています。

 

2歳は、ピアノを弾くということが身体的に難しいですが、歌う、音を聴く、リズムをたたく、音楽に合わせて身体を動かすなど出来ることはたくさんあります。

 

その中で聴く、歌うは大変重要な要素で絶対音感を身につけるには不可欠。

 

ピアノを3歳で始める【脳の発達】

3歳になると自分でできることが増え、自我が芽生えてきます。

右手と左手を同時に使って弾くピアノは右脳と左脳を両方活性化させるため脳の発達に大きく影響を与えます。

 

また精神医学を専門とするジェームズ・ハジアク教授(米バーモント大学)らの研究によると楽器練習をした子どもほど集中力に関する脳の部位が発達することが分かっています。

 

楽譜を読む、リズムをたたくなど音楽の基礎要素をどんどん習得していく時期もこの年齢。

たくさんの刺激を脳に与えることにより発達を促進させるのです。

 

ピアノは左右10本の指を均等に動かせるよう訓練していきますが、この細かい動きが脳の活性化に非常に役立ちます。

 

ピアノを4歳で始める【全身のバランス感覚】

 

お茶の水大学子ども発達教育研究センターが2004年に発行した『幼児教育ハンドブック』によると、体を自分の思い通りに動かせるようになるのは2歳からだが、全身のバランス感覚が発達するのは4歳からだそうです。

 

個人差がありますが一定時間ピアノの前に座り先生の指示を聞くこと、家で毎日練習することなどは4歳では難しい場合もあります。

しかし、ピアノを習うことにより肉体的な発達、精神的な成長が期待できることは間違いありません。

 

ピアノは毎日の練習の積み重ね

毎日練習する習慣をつけ集中力を養えるのが、この年齢あたりから!

 

「続ける習慣」即ち継続力をつけることで、今後の学業や仕事に役立つ能力が自然と身についてきます。

 

ピアノを5歳で始める【非認知能力を育む】

5歳になれば身体機能も高くなり、実際にピアノを弾くということが本格的に出来るようになります。

また、この年齢までにピアノ学習を始める一番のメリットは最近よく耳にする「非認知能力」を高めるではないでしょうか?

 

非認知能力とは、

 数値などでは測りにくく、目には見えにくいけれども、人が社会で生きていくために必要な能力 

 

とされ、近年世界的に注目を浴びています。

 

「非認知能力」に明確な規定はありません。

では、ピアノ学習により高められる「非認知能力」にはどんなものがあるでしょう?

 

意欲
自己肯定感
コミュニケーション能力
自制心
やり抜く力(GRIT)
メタ認知ストラテジー
レジリエンス
創造性

 

いかがでしょう?
ピアノにはこんなにたくさんの非認知能力に対する効果が期待できます。

 

ピアノを6歳以降で始める【知的好奇心や記憶力を高める】

6歳以降に始めるとどんなメリットが望めるでしょう。

アメリカのカリフォルニア大学の研究によると知的好奇心がドーパミンという脳内物質の分泌を促し、記憶力の向上に影響を与えることが分かっています。

 

つまり、人が何かに対して知的好奇心を持っている方が、記憶力が高まるということです。

 

この年齢になると自分の好き嫌いをはっきり表すことができます。

ピアノに対しても自ら興味や関心を持ち取り組むことで、知的好奇心や記憶力、さらに先に述べた非認知能力の向上もさらに期待できます。

 

また、ピアノ学習を超えて、学業でも趣味でも仕事でも、あらゆる分野で発揮することができます。

 

ピアノは早ければ早いほど良し

ピアノは早く始めれば始めるほど脳に与える影響が大きいのは確か!

実際6歳までに始められる方が多いのも現状で感じています。

 

小さいお子様にとってピアノを弾くことは思った以上に難しく、大変なこと…

しかし、早い時期から音楽に触れ、体感することで脳はどんどん活性化‼スポンジのように吸収されます。

 

うちの子にはまだ早いかしら?と思われる親御さんもいらっしゃると思いますが、お近くのお教室にご相談されてみてはいかがでしょう?

 

まずは、ピアノに触れ、体験する機会を与えてあげてください。

 

ピアノ教室に子供は何歳から通えるか?年齢別にみる効果を検証:まとめ

今回のポイント

1 ピアノを2歳で始める【絶対音感】
2 ピアノを3歳で始める【脳の発達】
3 ピアノを4歳で始める【全身のバランス感覚】
4 ピアノを5歳で始める【非認知能力を育む】
5 ピアノを6歳以降で始める【知的好奇心や記憶力を高める】
6 ピアノは早ければ早いほど良し

 

年齢別の効果を実感して頂けましたか?

しかし!

年齢に関係なく、いつからでも始めようと思ったその時こそレッスンを始めるチャンスです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴17年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。お花屋さん、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 横山美和ピアノ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.