PIANO LIFE STYLE 🎹

初めてのピアノ発表会。子供がピアノ発表会に出るメリットとは?

2020/08/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、広島文化短期大学(現広島文化学園大学)、エリザベト音楽大学卒業。第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴16年。ピアノを通してやり抜く力、人間力を育てるをモットーに熱血指導中。最近の趣味は美味しいものを食べること、お花屋さん、インテリアショップ巡り。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

こんにちは。広島市安佐南区 ❛GRIT❜ やり抜く力を育てるピアノ教室 横山美和ピアノ教室です。

ピアノ教室のメインイベントと言えば⁉

「発表会」

毎年、各お教室の先生が志向を凝らして開催される大きなイベントですね。

発表会を目標に練習している生徒さんも多い。

それでは、発表会に参加するメリットは何でしょう?

今回は発表会の意味、メリット・デメリットについてお話しします。

 

発表会のメリット

ピアノ発表会に出るメリット

発表会のメリット
  1. 発表会という目標に向かってピアノの取り組み方や意欲が変わる
  2. 出演後の達成感や充実感が自信になり自己肯定感が身に付く
  3. 練習の成果を振り返り、自分を客観的に見る力が付く
  4. 人前で演奏することでパフォーマンス能力が身に付く(度胸、何事にも臆することがなくなる)
  5. 他の出演者の演奏を聴き、それを受け入れられる度量が養われていく
  6. マナーとルールを学べる

 

1.発表会という目標に向かってピアノの取り組み方や意欲が変わる

発表会という目標が定まると、失敗したくない、上手に弾きたいと思いますね。

そのために、どれくらい時間が必要で、どのように練習すれば良いのか?お子さま自信が考えるようになります。

目標達成に向かって諦めずに練習することで、粘り強さや集中力が身に付きます。

 

2.出演後の達成感や充実感が自信になり自己肯定感が身に付く

舞台に立つと普段味わうことのない緊張感、高揚感を味わいます。

アドレナリンが大量に発生し良い意味でハイになる!

これは体験した人にしか分からない感覚です。

「達成感、弾き切った(*^▽^*)」という経験は一番の自信になる!

 

達成感と自信は、自分にはできる力がある。という自己肯定感に繋がります。

 

3.練習の成果を振り返り、自分を客観的に見る力が付く

演奏後、自分を客観的に振り返ることはとても大切な力です。

「何が、良かったか?今足りないものは何か?演奏中の気持ちは?」

 

自己分析力は、今後、自分軸を持つ人間になるためになくてはならないもの。

「志望校を決める、就職活動、仕事のこと、結婚や出産…」

人生を自分で切り開くために必要な能力だと思います。

 

4.人前で演奏することでパフォーマンス能力が身に付く(度胸、何事にも臆することがなくなる)

日本人は、自己表現が苦手と言われます。

 

しかしこれからの時代、グローバルに活躍するためには自己表現力はなくてはならない力。

ピアノを弾くことは、音楽を通して何かを伝える表現力が必要です。

オーディエンスの前で演奏することで臆することなく表現する力が身に付くのです。

 

5.他の出演者の演奏を聴き、それを受け入れられる度量が養われていく 

他人の演奏を聴き感動する、相手を認められるということは人として魅力的ですね。

自分を悲観し、他人に嫉妬するのではなく、他人を認め、受け入れられる姿勢は品格ある人間。

 

発表会は年齢性別様々な人の演奏を聴けます。

すばらしい演奏を聴いて感動し、相手を認められることは素直な心が育つ良い機会ですね。

 

6.マナーとルールを学べる

発表会はマナーやルールを学べる場。

まず、ドレスやタキシードを着ると子供でも身が引き締まりますね。

 

舞台での歩き方、お辞儀の仕方を学び、ホール内では騒がず人の演奏を聴くことを学びます。

ホール内は静かに、携帯はいじらない、飲食禁止などのルールも知るきっかけになります。

 

発表会のデメリット

発表会のデメリット
  1. 費用がかかる
  2. 緊張する
  3. 上手く演奏で出来なかったら落ち込む

 

わたしの考えとしては発表会参加はメリットの方が多いように思います。

もちろん、デメリットもありますが、緊張する、落ち込むなどはメリットにもなり得ます。

 

1.費用がかかる

発表会費はお教室によって違います。

発表会開催にかかるコストは以下のようなもの↓

① ホール会場使用料や控室使用料。
② 裏方さんの人件費。
③ 写真屋さんの人件費と写真代。
④ お花屋さんの人件費とお花代。
⑤ ピアノ調律師さんの人件費と調律代。
⑥ プログラム作成の紙代やインク代。
⑦ ピアノの先生の人件費。
⑧ ピアノ使用料。
⑨ 記念品代

このように、発表会には費用がかかります。これは素敵な発表会をするのに必要な最低限の費用。

では、個人でかかる費用は何でしょう?

①衣装代

②交通費・食費

③先生へのお礼(菓子折りやお花を含む)

④見に来てくださった方へのお礼

①、②は必要経費、

③、④に関しては必ず必要なものではありません。お礼の気持ちでされる方もいらっしゃいます。

 

2.緊張する

ピアノ発表会は緊張する

緊張するのは当たり前です。

この緊張を経験することが発表会のメリットでもあります。

しかし、緊張で体調不良を起こす、精神的にきつい場合は無理して参加することはありません。お子さまにとってストレスになることは、どんなのことでも排除するべきです。

もう少し大きくなってから、自信が付いてから、参加するでも全然遅くないですよ。

 

3.上手く演奏で出来なかったら落ち込む

わたしも毎回落ち込んでいました・・・(´;ω;`)

でも、落ち込むことは悪いことばかりではありません。

  • 次に繋げる課題が見つかる
  • 次こそはというモチベーションに繋がる
  • レジリエンス力(回復する力)が身に付く

落ち込むこと、失敗は悪いことではありません。

小さいうちから失敗をたくさん経験しているお子さまほど、困難から立ち直る力【レジリエンス力】が強いと言われています。

失敗は成功の基

これも生きる上で重要な力ですよ。

 

発表会に出るメリット:まとめ

今回のポイント

1発表会のメリット
2 発表会のデメリット

発表会は素敵な経験です。

心配なこともあると思いますが、参加したお子さまの成長は見違えるほど。

発表会は人生経験。

あまり心配せず、まずは楽しみながら参加してみましょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、広島文化短期大学(現広島文化学園大学)、エリザベト音楽大学卒業。第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴16年。ピアノを通してやり抜く力、人間力を育てるをモットーに熱血指導中。最近の趣味は美味しいものを食べること、お花屋さん、インテリアショップ巡り。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

Copyright© 横山みわピアノ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.