広島市安佐南区♪ピアノレッスン

ピアノ連弾のすすめ。連弾で養われる力とその魅力とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴18年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。フラワーショップ、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。横山美和ピアノ音楽教室です。

今週、友人の先生が主催するピアノ発表会で「連弾」をします。

「連弾」とは1台のピアノを二人以上で演奏するピアノのアンサンブルです。

ピアノは一人で演奏することが圧倒的に多い楽器ですが、「連弾」であれば気軽にアンサンブルを楽しむことができます。

私も彼女と試行錯誤しながら、楽しく連弾の練習をしているところです(*^^*)

 

今回は「連弾」の魅力について私なりの考えをお話しします。

 

連弾の魅力その1:初心者から誰でも気軽に楽しめる

小さな子供が最初に習う曲の多くに「伴奏」が付いていますね。

「ド」だけの曲であっても、先生やご両親が素敵な伴奏を付けてあげれば、たちまち素敵な曲に大変身!

一緒に演奏できる楽しみを感じるとともに、テンポ感、リズム感、聴く力も同時に養うことができます。

また、初心者の大人の方でも連弾することで単調な曲に変化が生まれます。

 

連弾の楽譜の難易度は幅広く、ドだけの1音の曲から、名作曲家が作曲したすばらしい音楽作品まで実に様々です。

また、アニメやPOPS音楽は、連弾で演奏する方が音域も広がるのでおススメです。

楽器店にはたくさんの連弾楽譜があるので、一度足を運んでみるのも良いのではないでしょうか。

 

連弾の魅力その2:中級者以上にの方にこそ取り入れたいバランス力と聴く力

ある程度技術力が付くとソロで演奏する楽しみが格段に上がります。

弾きたい曲も増えてきて、特に連弾を取り入れることもなくなります。

しかし、中級者以上の方にもぜひ「連弾」を取り入れて頂きたいと思います。

その理由は

  • バランス力と読譜力
  • 聴く力

を育てるためです。

バランス力

通常、一人で演奏する場合でも、左右のバランス、和声のバランスなど音のバランスを考えて弾きますね。

それが、「連弾」になると、自分以外に、相手の音にも注意しながらバランスを取っていく必要があります。

 

例えば、2手連弾の場合、4本の手を気にしながら演奏しなければいけません。

自分のパートだけでなく、相手の楽譜を理解し、意深く楽曲分析することが必要になります。

 

この「楽譜を良く読む」ということができない方が多いように思います。

技術は成長していても、楽譜から読み取る力が弱いと演奏に魅力を感じられません。

連弾は、否応にも相手の楽譜を弾くというより、「読む」ことが大切になるので、読譜力つけるのに持ってこいなんです!

 

聴く力

「連弾」で一番大切なことは「聴く力」です。

相手と息を合わせて演奏することが大事だと思われるかもしれませんが、合わせるためには「聴く」ことが重要です。

  • 音楽
  • 呼吸
  • タイミング
  • 音のバランス

 

最初に、全体の「音楽」を聴けていないと演奏がアンバランスになります。

自分のパートだけガンガン弾いても連弾は素敵な演奏になりません。

 

そして、「呼吸」です。

相手とピッタリと息を合わせないといけない個所が多々あります。

 

次に、呼吸と似ていますが「タイミング」です。

通常ペダルはセコンド側(下パートが)受け持ちますが、自分タイミングとは違う場所でペダルを踏みかえる必要性がたくさんあります。

そのタイミングが非常に難しくこれは「聴く」ことができていないとまずできません。

 

最後に「音のバランス」です。

どちらにメロディーがあるとか、和声のバランスをどうするとか、バランスについては書ききれないほど注意が必要。

 

これらどれを見ても「聴く」ことが」できないとできません。

連弾を取り入れることによってこの「聴く」力をぜひ養っていって欲しいと思います。

 

久しぶりの連弾練習で感じたこと(雑記)

久しぶりに連弾の練習をしていてまず感じたことは「楽しい」です。

連弾は、一人で練習していると正直つまらないんです( ̄▽ ̄;)

でも、二人で合わせる時はソロ演奏の何倍も楽しい!

  • いつもより耳を100倍くらいダンボにして練習する集中力
  • お互いの意見を話し合いながら曲を仕上げていく作業
  • 難しい箇所が一人の時とでは全然違うことに気付く発見

連弾を通して「ピアノ」の楽しみを改めて感じることが出来ます。

本番まであと数日、個人練習で精度を上げて、ラスト1回の合わせに臨みたいと思います。

 

ピアノ連弾のすすめ。連弾で養われる力とその魅力とは?:まとめ

まとめ

1 連弾の魅力その1:初心者から誰でも気軽に楽しめる
2 連弾の魅力その2:中級者以上にの方にこそ取り入れたいバランス力と聴く力
3 久しぶりの連弾練習で感じたこと(雑記)

 

こちらもどうぞ↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴18年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。フラワーショップ、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 横山美和ピアノ音楽教室 , 2022 All Rights Reserved.