広島市安佐南区♪ピアノレッスン

ピアノ教室に通っても上達しない子供の5つの特徴

2021/07/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴17年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。お花屋さん、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

こんにちは。広島市安佐南区❛GRIT❜ やり抜く力を育てるピアノ教室 横山美和ピアノ教室です♪

もう1年以上ピアノ教室に通っているのにちっとも上達しない
毎日練習はしているのに、上手くならないのはなぜ?

こんなお悩みはありませんか?

ピアノ教室に通っている子供さんがなかなか上達しないのはちゃんと理由があります。

 

まず、大前提としてピアノ教室に週1回程度通うだけで上達はするのはほぼ不可能。

それをクリアしたうえで、では、なぜあなたの子供はピアノが上手くならないのか?

 

今回は「子供のピアノが上達しない5つの理由」をお伝えします。

 

ピアノの練習時間が短い

始めたばかりの初歩段階であれば5分~10分程度の練習でも良いでしょう。

しかし、曲数が増え次第に難しい曲になって来た場合どうですか?

 

5分、10分の練習では間に合っていないということです。

現在課題に出されている曲を今一度子供さんと確認してみて下さい。

 

  • テクニック(バーナム、ハノン、スケール、アルペジオなど)
  • エチュード(主の教本)
  • 曲(コンクール、発表会の曲、その他課題の曲)
  • ソルフェージュ(リズム練習、音読み、ワークなど)

 

課題量は個々で違うと思いますが、1曲しか宿題が出されていないということはあまり考えられません。

どんなに短い曲であってもこれだけの宿題を熟すのに5分では時間があまりにも短すぎる。

まずは、宿題の曲数を把握して、それに必要な時間をお考え下さい。

 

どうしても今の段階で宿題に見合った練習時間が取れないのであれば、その子にとって宿題の数が多いのかもしれませんね。

 

おうち練習のやり方が間違っている

練習時間は十分取れているはずなのに、いつまでたっても同じ曲を弾いている。

このようなお話しも耳にします。

練習時間をきちんと確保できていて上達しない場合、練習内容が問題ではないでしょうか?

 

例えば、前回のレッスンで指摘された箇所を子供は分かっていますか?

  • 音やリズムの間違え、指番号の間違え
  • フレーズの取り方
  • テクニック不足
  • 左右の音のバランス

きっと先生は次までに練習して欲しい課題を与えていらっしゃるはずです。

 

しかし、課題の練習していないか、課題自体を無視していませんか?

 

「間違えようが何だろうが、最初から最後まで5回通して弾く⁉」

 

これは最悪のパターンΣ( ̄ロ ̄lll)

 

直すべきことが直ってないので、先週と同じ注意をされます。

それを繰り返していては、いつまで経っても曲は合格しませんね。

せっかく練習時間を取っているのに、これでは本末転倒。

 

レッスン後に注意されたことを一緒に確認し、練習する内容を話し合うと改善されるのではないでしょうか?

 

ピアノを弾くことに興味がない

そもそも、子供さんはピアノに興味がありますか?

「練習が嫌い」は良いと思います。

練習嫌いの子供さんなんて五万といますし、わたしだって嫌いです・・・

 

でも、興味がない場合は少し考えた方がよろしいかもしれません。

興味がないとは嫌がるわけではないけど、楽しくなさそう、弾けても喜ばないなど・・・

 

音楽は素晴らしいものだと思いますしピアノを習うメリットはたくさんあります。

 

しかし、ピアノに興味を示さないのであれば、違う形で音楽を体験させてあげる方が先かもしれません。

例えば、

  • 歌うことが好き
  • リズムたたきは楽しそう
  • 音楽に合わせて踊ることが好き

音楽自体が嫌いな子は少ないです、では、レッスン中どんなことになら興味を持って取り組めますか?

 

歌うこと、踊ることが好きな子供さんの場合リトミックや合唱団、ダンス教室などで音楽と関わる方が自然と音楽を感じることが出来るかもしれません。

 

音楽が楽しい、自分で何か演奏してみたいと思った時にもう一度ピアノを始めても遅くはないのではないでしょうか?

 

ピアノに興味がないのか、練習が嫌なのか?

見極めは非常に難しいところ・・・

 

子供さんの様子をよく見て、先生と相談されながらご判断下さい。

 

電子ピアノで練習している

電子ピアノについては住宅環境問題やご家庭の事情もあると思います。

賛否両論あるので、あくまでもわたしの意見としてお読みください。

 

基本的にピアノとはアコースティックピアノのことを指します。

電子ピアノ、キーボードは全く別の楽器。

 

レッスンはアコースティックピアノを弾くための指導をしていくのが基本です。

 

そのため、電子ピアノで練習していてもタッチや響きが全く違うため、なかなか指や耳が育ちません。

もちろん電子ピアノでもよく練習される子供さんはどんどん弾けるようになります。

 

しかし、この場合の「上達しない」は楽曲が弾けるようにならないということではありません。

アコースティックピアノで練習する子供と比べて響きやタッチに差が出てしまうということ。

 

良く弾けているけど、ピアノが鳴らない、響きのない演奏になってしまいます。

 

ピアノが大好きで、よく練習する子供の場合、少し残念だなと思います。

アコースティックピアノに変えた途端飛躍的に上手くなる子も多いので可能であれば楽器の買い替えを検討してみて下さい。

 

今のピアノ教室は子供に合っている?

現在通われているお教室は子供さんに合っていますか?

 

①先生との相性はどうですか?

子供であっても相性は一番大事な要素。

ピアノは好きでも先生と上手くいっていないということはないでしょうか?

子供が口にすることはなくても、なんとなく歯車が合っていないなと感じた場合は子供さんとお話しされると良いでしょう。

 

②お教室の指導方針と合っていますか?

ピアノを習う目的をもう一度考えて下さい。

  1. バリバリ弾けるようになって欲しい
  2. ビシバシ熱血指導の方が良い
  3. 練習はそこそこで楽しく弾ければ良い
  4. ピアノは弾けなくても音楽と触れる時間を作ってあげたい

目的によって先生やお教室は変わってきます。

 

【1、2】が目的の場合、技術的な指導をあまりされない先生の所へ通うとなかなか上達しません。

【3,4】が目的の場合、コンクール参加者が多い教室、厳しい熱血指導の先生のところでは心が折れてしまい上達しません。

 

近所だから、街で評判が良いからとお教室を選ぶのではなく、子供さんの性格とピアノを習う目的に合ったお教室を再検討する方が上達への近道です。

 

ピアノ教室に通っても上達しない子供の5つの特徴:まとめ

今回のポイント

1 ピアノの練習時間が短い
2 おうち練習のやり方が間違っている
3 ピアノを弾くことに興味がない
4 電子ピアノで練習している
5 今のピアノ教室は子供に合っている?

練習しているのにピアノが上達しない理由が見つかりましたか?

「全然練習していない」場合はまず練習する習慣を身に付けましょう。

しかし、練習しているのに…の場合、原因が分かれば改善の余地がありますね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島音楽高校、エリザベト音楽大学卒業。 第5回九州音楽コンクール最優秀賞受賞他多数の受賞歴あり。 これまでに県内外でソロ、室内楽の演奏会を開催。 4歳からピアノを始め、指導歴17年。ピアノを通して豊かなライフスタイルを多くの方に提供したいと思い発信しています。お花屋さん、インテリアショップ巡りが大好き。座右の銘は毎日happyに全力で生きる!

Copyright© 横山美和ピアノ音楽教室 , 2020 All Rights Reserved.